**風まかせ** めもりぃ's...

アクセスカウンタ

zoom RSS どしゃぶりの中 伊勢神宮へ = 四条流包丁儀式 = 編

<<   作成日時 : 2013/11/21 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

一ヶ月も前の事になってしまいましたが・・・

どしゃぶりの中 伊勢神宮へ 
どしゃぶりの中 伊勢神宮へ  = 内宮= 編
どしゃぶりの中 伊勢神宮へ  = 外宮参道グルメ = 編
どしゃぶりの中 伊勢神宮へ = 外宮参道 地 ビールと餅 = 編
に続いて....


なんで又このどしゃぶりの中 伊勢神宮外宮へ?
いよいよ本題でございます。

豊受大御神(とようけおおみかみ)をお祀りされている所が
豊受大神宮で外宮と呼ばれ、
その大御神は、食物・穀物を司る神様である事から
平成24年10月20日に外宮で《四条流包丁奉納儀式》が執り行われると聞き、
20年に一度の遷宮。この先の遷宮時では ???。
この時を逃してはっ!と、伊勢神宮へ出向いて参りました。
それが たまたまどしゃぶりだった。と言う次第でございます。
伊勢神宮公式HP 豊受大御神宮


そもそも《四条流》ってなぁ〜に? ですよねぇ?
私自身・・・詳しくわかってはいないのですが
茶・花・書・柔・弓・剣・・・に《道》の文字がつく様に
包丁の道があり、それぞれの道に流派がある様に
包丁道の流派の一つが《四条流》である。(?) と解釈しています。

間違っていましたら ご指摘くださいませm(__)m


解説書をいただきました。⇊
画像

Wikipedia 四条流包丁道

神田明神 四条流包丁儀式 ⇒ こちら



と前置きはここまでで ・・・


本来ならば、勾玉池奉納舞台で奉納儀式だったですが
あいにくの雨のため、15:00 より せんぐう館内での
包丁儀式が執り行われました。

画像


画像



館内舞台の準備が整うまで
雨にぬれる勾玉池奉納舞台では
何という鳥かな?
一羽の鳥が前座を務めてくれて 
待っている私たちの目を楽しませてくれました。

画像


画像



いよいよ奉納儀式の始まりです。

画像



介添え人による
鯉飾りの儀 包丁飾りの儀 を終えて
御家元による 奉仕包丁人の所作が始まりました。
包丁と真魚箸(まなばし)だけで、鯉に手を触れずに捌く。

川の物より海の物 鯉はそれに在らず だそうで、
魚の中で最上級の物が鯉 なのだそうです。
それで 包丁奉納儀式には鯉が使われると聞きました。

画像


画像


画像


画像


画像



第61回神宮式年遷宮奉納儀式での切り手(切り方)は
「龍門之鯉」と言って 少し 高度な切り手で
師範以上でないと 切れない手で
神聖な場所で目上の人に 対して切る 切り形
なのだそうです。

別の師範がお稽古の時に切った時の画像 ですが
この様な形になると言う事でした。

画像



こんなサイトを見つけました。 
福岡県北伊醤油公式HP(⇒ こちら
「しょうゆの豆知識」で 《四条流包丁書》が紹介されてました。
こちら


こういう包丁の儀式があると言う事を知ったのは、
もう20年程前になるでしょうか?
ただその時は名前を知った と言うだけで
普段の日常生活にはあまり、と言うより
全く?殆ど?縁が無い訳で
『ふぅ〜ん そうなんだぁ〜』状態でした。

この度 伊勢神宮遷宮奉祝奉納 という場で
ありがたく、伝統ある儀式行事を目の当たりに観覧させて頂き、
身が引き締まる思いでした。

また、この日この時この場所だったから
今まで知っていた伊勢神宮のお顔と違うお顔に
合わせて頂けたご縁に 感謝の念に絶えません。

ありがとうございました m(__)m





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 人気ブログランキングへ 

フリー素材⇒画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
どしゃぶりの中 伊勢神宮へ = 外宮参道 地 ビールと餅 = 編
どしゃぶりの中 伊勢神宮へ  どしゃぶりの中 伊勢神宮へ  = 内宮= 編 どしゃぶりの中 伊勢神宮へ  = 外宮参道グルメ = 編 に続いて.... ...続きを見る
**風まかせ** めもりぃ's...
2014/01/05 23:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
包丁式はTVで視たぐらいで、流派とか詳しい事は判りません。ただ使う包丁は、我々が使う物とは形状が異なります。
室町時代あたりまで、魚は鯉が最上とされていたらしいのでその名残りでしょう。江戸時代になると、鯛にその地位を明け渡したようですが。
へるぞう
2013/11/21 05:01
時代を遡ってしまった錯覚を受けてしまうような画像で、
礼節技の世界を感じます。
くるたんパパ
2013/11/21 05:35
同じ流派の方かどうか存じませんが
41代当主とかいう方の包丁儀式のことが
新聞に載っておりました。
戦後になって 復活して来たらしいですね。

 周りの人たちは・・・
弟子? さてはて

それにしても
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2013/11/21 09:10
>へるぞうさん♪

もっとまじかで見えたら
所作の迫力というか…
身体で感じる事が出来たかもしれませんね。
四条流に関しては
あくまでも
川の物より海の物 鯉はそれに在らず
で、他の魚に変わる事はありません。

今回弟が後見人と言う大役仰せつかったものですから
高齢の母を連れてあのどしゃぶりの中、行って参りました。

 
なお
2013/11/21 14:49
>くるたんパパさん♪

礼節技の世界
確かにっ!

たまにはふっとこんな世界を垣間見るのもよいかもぉ?
と普段 まぁいっかぁ〜明日でぇ〜の『あすなろ精神』まっしぐらの私めには必要不可欠!
と思わされちゃいましたよぉ〜(^^ゞ
なお
2013/11/21 14:54
>└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん♪

保存会と言うか…継承していくために、調理人が集まって…
と言うような事も聞きましたよぉ〜

お弟子さんですね。
と言っても、師範格ですね?
そう言えば 今回女性がお一人いらっしゃってるんですが、北海道支部長だそうですよぉ〜(*^^)v

全く縁が無いわけでは無い包丁
その包丁にも古い伝統ある儀式があるんだ。
と言う事を知る事が出来ただけで
私めとしては はなまるぅ〜 です(^^ゞ
なお
2013/11/21 15:02
包丁道ですか!?
初耳です〜(@@;)
きらり
2013/11/21 16:56
>きらりさん♪

こういう『道』もある。
と言う事を知る事が出来て 
良かったです。
なお
2013/11/24 01:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
どしゃぶりの中 伊勢神宮へ = 四条流包丁儀式 = 編 **風まかせ** めもりぃ's.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる